テーマ:映画

青春のすべてが入った問題作「愛という名のもとに」

この作品は「誰もが悩みもがいている」というテーマに基づき、汚職、登校拒否、違法入国、パワハラ、強姦や自殺という衝撃的事件を絡めて綴る、野島伸司の中でも最高傑作と言える素晴らしい問題作だ。 多分気付いた人もいるだろうけど、明らかに「セント・エルモス・ファイアー」という映画からヒントを得た設定ではあるけど、登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「探偵物語」における”優作の孤独な戦い”

松田優作はまた改めてちゃんと書くけど、今回は「探偵物語」に絞ってみます。 このTVドラマは、フィルムを使って毎回著名な監督がオムニバスで撮っていて、コミカルな探偵が主役という設定など「傷だらけの天使」を明らかに意識していますね。 先日も書いたように優作はショーケンを「神」と呼ぶほど尊敬しているし、だけどそのまんま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終回に於けるショーケンと優作の違い

いや~、熊谷の方に出張してあまりのヒマな夜なので(金もないし)、ボーっとテレビをつけてたらテレビ埼玉で「太陽にほえろ!」のショーケンの巻がやってるじゃないか!しかも最終回!!その余韻に浸っていたら、今度は「傷だらけの天使」が始まったではないか?!テレ玉、萩原健一フリークの俺にとっちゃサイコーな局だぜ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファンダンゴ」とケビン・コスナーに捧げたイーグルス

ケビン・コスナーの無名時代の主演作。この映画もオレの好きな70’sROCKが効果的に使われた素晴らしい青春映画デス。 最初はただの乱痴気コメディーかと思いきや、ラストでは号泣していた。 去りゆく青春のホロ酸っぱさと哀愁が漂う、たまらない作品です。 ケビン・コスナー率いる落ちこぼれ軍団”グルーヴァーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画69(シックスティナイン)とミスチルのこの曲

妻夫木がイイ感じに青春のバカさ加減と熱さ加減を使い分けた演技で素晴らしい! ホントに青春って、恥ずかしくて未防備で惨めで怖いもの知らずだよね。 自分勝手で、女の子と音楽しか頭になかったね。その為には手段も選ばず、まわりに迷惑かけるのもおかまいなし・・だけどこんなに輝いてるのはどうしてだろ? この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

評判を遥かに超えた日本沈没と「夜空ノムコウ」

これは単なるジャニーズ映画と思ったら大きな間違いだ。主演は原作者小松左京の達っての希望で草彅剛が選ばれたこの作品、ラスト30分は涙が止まらなかった。 1973年版の主人公藤岡弘(初代仮面ライダーの人)は暑苦しくて今には似合わないが、草彅君ならエヴァンゲリオンの碇シンジ的気弱なヒーローが徐々に使命感が芽生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーナビで観たNHK連ドラ「純と愛」よ、さようなら!

今の仕事になって所長に手ほどきを受けながら同行することが多いんだけど、客先に行く手前の係船場にステーションワゴンを止めてナビをテレビに切り替え、おもむろにこの所長とは無縁なタイトル「純と愛」ってドラマを観だしたのだから驚いた。「俺の一日で唯一の休憩時間だから」って、仕事のスケジュール予定がドラマ中心に組み込まれてて笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「タイヨウのうた」とYUIの曲を演奏してみた。

深々と降り積もる雪の中、深く染み渡る映画だった・・ 暮れの紅白にも出たYUIの主演「タイヨウのうた」を遅ればせながら観ました。 色素性乾皮症という「日光に当たると命が危ない」という実在の難病を持つ路上歌手の物語 最近自分が路上実演してるせいか、これは泣けた。 昼間外に出れないYUIが窓の外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」と可愛いパティ

ビートルズネタが続きます。 この大胆な邦画用タイトルを付けたのは、当時ユナイト映画に在籍してた故・水野晴郎さんだってのは知ってるよね。 あまりに原題と離れているのは、彼が「Beatles Come To Town」というニュース映画と取り違えて付けたかららしいw はっきり言ってこの映画は、ただビートルズがファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HELP!(4人はアイドル)って以外言葉が見つからない・・

いやいや、夏真っ盛りですが如何お過ごしですか? オレがこの季節に必ず思い浮かぶのは、ビートルズの映画「ヘルプ!」のこんな美しいバハマ諸島のカリブ海のシーンだ。 まだオレたちが子供の頃は動く彼らを見れるのは映画館しかなく、しかも既にビートルズは解散していたので、ファンクラブが主催する「ビートルズ復活祭」ってヤツにそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

聖なる土曜日に森田芳光の告別式を見た

森田芳光の映画はどれも新しい発見がありサイコーなのだが、 オレが一番好きな一本は何といっても(ハル)だ。 主演の深津絵里も上手だったけど、驚いたのはヴェンダースやジャームッシュのロード・ムービーのように何でもないガソリンスタンドから始めるこの映画の盛岡の景色が、人工的な美しさを持って心地よく訴えかけてくるのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋吉久美子とかぐや姫

この人を知らない人に聞くけど、いったい何歳だと思う? 女優・秋吉久美子、現在57歳。 この写真は彼女のブログのトップ画に使っているものだから、少なくとも数年前の顔だ。 「若い」って言われる女性は多いけど、この人ほど以前のイメージを崩さず保っている人もいないだろ? 10代はこんな感じ デビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無償の愛って  ー映画”Leaving Las Vegas”よりー

甘いだけの恋愛映画なんか観たくない。 最近映画もしばらくご無沙汰だけど、この作品のようなお互いが身を削るような激しい恋の映画はきっとないだろうな・・ 「無償の愛」をテーマにした映画はたくさんあるけど、この作品のように破滅へと向かい、しかもそれを承知の二人の姿には心底魂を揺さぶられる ニコラス・ケイジ扮す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦って何? ーPART3ー

一度だけ根津甚八さんにお会いしたことがある。 実はオレ、甚八さんが作った大学の演劇部に席を置いたことがあって、OBとしていらした時にオレみたいな素人にも声をかけて頂き、その姿は画面で拝見するイメージと全く違った気さくでお茶目で、そして本当に心優しいステキな方だった そんな甚八さんの奥さんが本を出した。タイトルはズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜかPOLICEを聞かなかったオレ・・

ちょうどポリスが流行り始めた頃、オレは音楽以外の何かに夢中になっていた それは何だったのか?映画かもしれないし、女子だったかもしれないし、ディスコ通いだったか、波乗りじゃないし、テニスかなぁ・・ここに書けないことだったか、とにかく仕事でない事だけは確かだった その時期70年後半にエアロスミスが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都会の不良とビージーズの想い出

ついこないだまで30度を越す夏日だったけど やっと秋らしくなったね こんな夏の終わりに ワルの友だちと突然初島に行くことになって そのいきなり初対面の友だちの友だちの家に 前の晩泊まってからの出発になったんだけど  そこはなんと現在表参道ヒルズになった、同潤会アパートだったんだ! 朝起きて窓…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三度目のジョン・レノン

昨日、改めて映画”イマジン”を見返したんだけど、Johnに対して新しい感情が沸々と湧いてきている自分に気付いた なぜこの「何度も見倒した映画のDVDをまた改めて買ったのか」というと、ジョンのポスターが特典に付くという単純な理由からだったのだが、そのポスターってのがアノ絵の具の一筆書きみたいな自画像のシンプル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

どこにでもある、初デートの風景・・

初めて女子とマン・ツー・マンで出かけたのは、高校になってからだった。 彼女は中学の他の教室の子で、清楚ではにかんだ笑顔が良く似合っていてスタイルがよかったけど、プレイボーイのTのカノジョで有名だった。 いきなり電話した時は驚いていたけど、13クラスある大所帯の俺らの学年なのに彼女はオレの存在を知ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夫婦って何?

大島渚が倒れてから12年、妻の小山明子は介護疲れでやつれるどころか,大げさでなく73歳になってもどんどん美しくなっている。 大島渚がまだ全く無名の助監督時代(っても当時の助監督とはただの使いっぱしり)、小山明子は既に大女優だった。 その大女優を大島渚は300通のラヴ・レターの情熱で落とした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「モーターサイクル・ダイアリーズ」 ゲバラにイーグルスを・・

これはキューバ革命のヒーロー“チェ・ゲバラ”がただのスケベでいい加減な学生だった頃の、どこにでもある青春映画だ。 ジョン・レノンに「世界一カッコいい男」と言わしめたゲバラは医学部の学生だった。 悪ガキ(といっても7歳も年上だが)のアルベルトとポンコツの500ccポテローサ(怪力)号に乗って、金…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年の最後はオレの迷惑な雄叫びで!

今年ももう終わろうとしています さあ、何の曲で幕を閉じようか 今の気持ちを一番素直に表現して ”Don't Let Me Down”で決まり! この映画のシーンの彼らのカッチョよさは計り知れない 映画館やビートルズ祭りでしかお目にかかれなかった動く奴ら・・ ”ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何十億の人に愛を与えただろう・・

オレがPaulを初めて知ったのは”愛しのヘレン”がラジオで流れた時。 めちゃタイトなリズムと 歪んだギターがガンガン来て、ちょっとグラムも匂わせたそのサウンドに やられた。 続く”ジェット””ジュニアーズ・ファーム”とROCKな楽曲を連発してた。 ルックスも当時のアルパチーノを彷彿とさせる(ゴ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more