テーマ:昭和歌謡

大森「風に吹かれて」のイベント”みんなのヒットスタジオ”に参加してきました!

金丸ちゃんの主催する歌謡曲イベントに参加してきました! 登場する皆さんはアクの強い人(自分も含め)で見ごたえのある、素晴らしいイベントになりました。 先日、まだ生まれて半年の愛犬を失って、歌えるかどうかと思ったものの、みんなの力で最後まで楽しく過ごせました! 場内は所狭しとお客さんの人波。これだけ集めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新曲は珍しくマイナーコードな曲「カテゴリーにない気持ちを」

遅ればせながら、明けましておめでとうございます! 今年の正月は外にも出ないで、家に閉じこもって宅録に専念してましたわ。 今度の新曲は、昭和歌謡のような洋楽を意識した曲です。 例えるならば「ナオミの夢」とか「二人のシーズン」みたいなのを目指しました。 カテゴリーにない気持ちを  詩・曲/田中ヨシジ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡本主任んちへお邪魔して、二人でシャウトしてました!

日曜日は昼間地元本郷台にある、某TVで戦隊モノの基地にも使用された「地球プラザ」のイベントに参加しまして、一般参加の部でトリを務めさせてもらいました。ホールでシーンと水を打ったような中歌うのは独特の感慨がありました。自分のオリジナル「スカイライン」と「アンタレス」が老若男女の心に響いてくれて嬉しかったです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

予定外のロケンロール大会な根岸「インバーハウス」第2回コピッとなでした。

インバーハウスのこの「原曲こんなに変えちゃった&完コピ自慢の集い」(通称コピっとな)も、第2回を迎えて総勢10組とますます盛り上がってまいりました! 今回の宿題「ジャニーズ事務所の曲」を皆さん素晴らしいアレンジで再現してくれて、サイコーでした。 本当に素晴らしい個性のぶつかり合いで4時間があっという間に過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一はこの二つ!と横浜「元気です。」の楽しいひととき・・

たまには日常のスケッチを。 今日は母親を連れて、芝にあるお寺にお参りに行きました。 横浜の自宅脇の環状二号線からは、雪に包まれた冨士山の雄姿を満喫して 寺の後ろに、懐かしい往年の日本一の電波塔が覗いていました。 やはり日本一はこの二つで決まり!と心に誓いました。(何を誓った?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の傷は今年のうちに忘れた

ジョー山中、田中好子、原田芳雄、レイ・ハラカミ、立川談志、森田芳光、そして父・田中直喜・・ 今年、多くの大好きな人たちが他界していった そして 震災による大きな犠牲者も生んでしまった 彼らが残った者たちで踏ん張るしかないと、試練を与えてくれたのか もう、泣き言をいっても仕方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今、世界を救えるのはこの人の歌声しかない!

松田聖子のアイドル時代の勢いと言ったら ミックジャガーもマドンナも足元にも及ばないほど凄かった! コレほどまでに圧倒的なエンタティメント性と歌唱力を持つ歌手が、かつて我が国に生息しただろうか・・ 当時はブリッコとか、おこちゃま向けだとか言われたけど その決してブレない存在感と歌声は誰もが認めざるを得なかった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筒美京平と昭和アイドルの名曲たち

よくミュージシャンが得意げに言うセリフに「曲が降りてきた」ってのがあるけど、オレは一切それを信じない。 そんなものは天から降って来るはずもなく、以前どこかで聴いて頭の片隅にインプットされてたフレーズが、何かのきっかけで甦ったに過ぎないんだ。 その事実を120%解っていて、尚且つ原曲を超えたメロディーラインを作り出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の永眠と消えてゆく緑美しい街

先月、私の父が永遠の眠りにつきました 戒名には「龍」の文字を授けていただき、ご住職の言葉では地上に降りた天からの使いの意味があるそうです。 すなわち、昭和20年8月9日、長崎で爆心地より1.5㌔の極間近でプルトニウム爆弾を受けた父はそこで既に他界していて、残る人生は私たちを守るためにこの世に生を受けていたのだと仰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲の数々を有難うございます!

清志郎に続いて 素晴らしい昭和を与えてくれた作曲家の三木たかしさんが亡くなられた 一度だけ先生の経営されるお店にお邪魔したことがあり オレが 「ラストシーン」好きなんですよ というと ”君、いいセンスしてるね~”と子供のような笑みを浮かべながら応えてくれた 三木先生の曲は 派手では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢田研二とミック・ジャガー

この写真の人、70年代のミック・ジャガーじゃないよ この時代の沢田研二のミックコピー度は半端じゃないね 「TOKIO」のパラシュートや「ダーリング」の水兵服もストーンズのプロモの真似だ ライブでもオープニングから「ミス・ユー」だったり、「タイム・イズ・オン・マイ・サイ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

心洗われるこの曲に・・

/> ”愛のさざなみ”という曲が好きです。 お客さんの年齢層が高い時は必ずやるし、バンドでもギンギンにギターを歪ませてやりました。 この曲、なかにし礼さんの歌詞も素晴らしいのですが、アレンジと演奏が最高ですよね。 ちょっとスペクター・サウンドというか、コーラスが泣かせます。 マドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more