暗喩した歌詞が好きだ。



画像



PANTAが書いた歌詞を載せます


  ー裸にされた街- 


 何事もなかったみたいだ

 街を行くヒトの顔は

 あれほど深かった悲しみも消して

 季節のよろめきに身をまかす


 祈りを忘れたシスター

 言葉を失くした詩人

 笑顔を拒んだ子供たち

 叫びを捨てたロッケンローラー


 浮気な時間はいつだって

 勝手に流れを変えちまう

 ことわりもなしに 突然に

 追いかけても無駄な事だよ


 裸にされた街に

 乾ききった風が砂ぼこり舞いたて

 愛し過ぎてた街に

 色とりどりの 朝がまた来る


これはナニについての曲かわかりますか?


大学まで実家の松原団地って、できた当時はアジア一の(アジアと東洋の違いがいまいち不明確。アジア大と東洋大の違いはわかる)マンモス団地に住んでいました。

そこの駅からの2キロ程ある曲がりくねった緑豊かな遊歩道があったんだけど、オレはそこの朝が大変好きでした。

だけれど、その松原団地も老朽化が進みついに取り壊すことになりました。

そこの大好きだった、爽快な朝の光を、この曲を聴くたび思い出すのです。


 愛しすぎてた街に 色とりどりの 朝がまた来る♪



実はこの曲、PANTAが頭脳警察のテーマに掲げていた、学生運動の終焉を歌った曲なのです。


こういう、歌詞のストレートじゃない何かについて語るのってカッコいいよね。





アイドルと思われている一青窈の、有名なこの曲も実は何かを訴えた歌なのを知っていますか?


9.11 マンハッタンの同時多発テロにインスパイアーされて書いた曲だそうです。


彼女は大変感性の素晴らしい、本物の歌手だと思うのです。


歌い方も決して可愛く唄おうとせず、魂を搾り出すように投げかけてくる・・





オレの歌だけど この名曲を聞いてください。

4年前のテイクなので まだ素直なクセのない歌いまわしですね。


    ーハナミズキー









マラッカ【SHM-CD/リマスター/紙ジャケット仕様】
BounDEE by SSNW
2013-06-26
PANTA&HAL

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マラッカ【SHM-CD/リマスター/紙ジャケット仕様】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック