テーマ:青春

新年の大桟橋にお魚シリーズ第八弾「活発カルパッチョ」旋風を!

第59回「大桟橋Beat'n Harmony」に参加してきました。 毎回素晴らしいバンドさん達が集う、横浜でも指折りの名イベントで燃えてきました! 今回はファンキーベースのディック田内氏とフュージョンからロックまで何でもこなすギタリスト、ホーリーさんの加入とあって、選曲も今までと違った色合いを持たせましたが、素晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新曲は初フランス語「ラ・ポーム」

新春早々続けてシリアスな事件が起きたのでこの曲はちよっとヘビーになりました。でもオリジナルを作って歌唱するのは演技する役者と一緒と思って、目一杯入り込んで歌いました。「ラ・ポーム」とは手のひらのことです。(ぬくもりという意味もあるそう・・) ラ・ポーム  詩・曲/田中ヨシジ 僕の歌を聞かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初参加の皆さんが新しい息吹を与えてくれた、第九回「オリほめ」でした!

色々な音楽の形があるなぁ。毎回この「オリジナル曲を褒め合う集い」を開催して思います。 今回は初参加の方が沢山いらしてくれて、また新たな刺激を与えてくれました。 演奏者さん順にご紹介します! ※みっこさん 爽やかな歌声にのせて、幻想的な曲やボサノバなど、非常にバラエティー豊かな曲想で楽しませてく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「めばるファンキーサーカス」、横浜伊勢佐木町「クロスストリート」のライヴで燃えました!

ぱとさんの企画「Happy Go Lucky」で伊勢佐木町「クロスストリート」というオサレな箱で実演してきました。 このライヴハウスはゆずがプロデュースしたらしく、ガラス張りで伊勢佐木の町並みから実演風景が丸見えで楽しいのです。もちろん、めばるのメンバー全員楽しんでまいりました! 今回は特別参加してくれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あっとぺっぷ」に笑顔でさよならと新曲「気が付けば」

自分が初めてPAを使って人前で歌ったのがこの42年も続いた店でした。 クインシー・ジョーンズを始め、著名なミュージシャンも多く来店した由緒正しい箱だ。 ママさんが一人で42年も守り続けた、横浜でも有名な音楽小屋でした。 懐かしい「あっとぺっぷ」の画像の数々 Kondyさんと組んだビートルズユニット「コ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日に向けて(親友の三回忌から)

親友が亡くなって、もう三回忌になりました。今年はもう悲しんだり悔やんだりしないで、奴と一緒に行ったビートルズ復活祭のオープニング曲「A Hard Days Night」を、奴のドラムではないけど歌います。 彼のお母さんにも会いましたが、前向きに生きています。 時には涙を流しましたが、彼の死と決別して車椅子でも本当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡本主任の登場でセッションタイムも楽しい「第五回オリジナルをほめ合う集い」でした!

先日お世話になった岡本主任を迎えての、横浜駅前元気ですの「オリジナルをほめ合う集い」が開催されました。今回も新しいお客様がいらしたり、それぞれ素晴らしいオリジナル曲を披露してラストは名曲のセッションタイムで盛り上がり楽しかったです! さっそく素晴らしい出演者をご紹介します! ディック田内さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージを打ち破る新曲「緑の中の幻」

どうしても作る曲で自分のイメージを固定されることがよくあるよね? 今回はそんな観念を打ち破るべく、アルペジオを多用して幻想的な曲を書きました。 夢うつつで、起きてみたら自分はもう中学生じゃなかった! そんな記憶、ありませんか?  緑の中の幻   詩・曲/田中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュウサクさんの参加で感動的な「オリジナル曲をほめ合う集い」でした!

第三回「オリジナル曲をほめ合う集い」を横浜駅”元気です”で開催しました。 今回はスペシャルゲストとして、数々のコンテストに入選し現在もLIVE活動やアーティストへの楽曲提供など幅広く活躍されている、シュウサクさんをゲストをお迎えして作曲講座もお願いしてしまいました。 シュウサクさんの楽曲は、タイプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャルゲストも登場!の第三回ユーミンの巻「コピっとな」でした。

今回も素晴らしい出演者の方が参加してくれた第三回「コピっとな」でした! 宿題は「ユーミンの曲」でしたが、皆さん思い思いのユーミンを胸に熱演してくれました。 出演者順に紹介します。 ※タカさん  ユーミン曲「海を見ていた午後」 今回「コピっとな」に初参加されました。 日本人離れしたル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台の路上LIVEと新曲のラブソング「六軒ロール・ベイベー」

先週、恒例の「湘南台お楽しみ市」にて路上LIVEをしてきました。 ゲストにヒロコ君を迎えてシンディー・ローパー他2曲をやって、自分はハマショーとオリジナル曲で攻めました。 毎回ですが、このLIVEに集まるミュージシャンは素晴らしくてホント勉強になる事ばかりです。 ヒロコ君の歌は深…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嵐の日曜日、できた曲は「ON The Road」

今日は昼間は凄い嵐だったね~まるでオレの心を表したかのようでしたw その嵐を吹き飛ばすような、今回の青空を見て何か気付いたでしょうか? そう、前回のテンプターズ時代のショーケンのジャケ写と見事な青と、東京タワーのバックの澄みきった空の青が続いたので、しばらくトップ写真は青空で行くことに決めました。ヨロシク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹雪の日曜日、友に捧げるブルースを・・

今日の日曜日、横浜は吹雪・・ パーカーを二重にして着るとどんな寒さも平気で、マフラーも爺シャツもいならい。 でもこんな日家にいると、亡くなった友の事をどうしても思いだして仕方ないよ。 曲を書きました。天国へ届くかな・・   My Eternal Friend  詩・曲 田中ヨシジ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新曲は「路上ミュージシャン」。ストリートで歌う悲喜コモゴモを全ての途上音楽家に捧げます。

自分が路上で歌うようになったのは、「ゆず」が伊勢佐木町のストリートで話題になり”あれくらいなら俺だって弾けるわい!”ってのがキツカケ。十数年ケースから出さなかったギターを取り出して路上に立ったんだけど・・ 夜の伊勢佐木町は酔っ払いばかり。 聴いてくれるどころか、「うるせーぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あざみ野「ジャングル・ポケット」楽しいワンマンライヴ、ありがとう!

土曜日、「ジャングルポケット」でソロ実演会をヤリました。 お客さんが盛り上げてくれて、本当に楽しいライブでした! しばらくジャングルポケットとお別れです。 店主のきみさんやスタッフの皆さん、有難うございました! ージャングルで演った曲たちー マイケルジャク…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10代とまったく変わらない71歳~ポール・マッカートニーがくれた青春

何と伝えたらいいんだろう・・ 白状すると前回も前々回の来日の時もポールから興味がなくなっていて、ハードで新しい音に夢中だった。 それがこの歳になって、ポールの磨かれたメロディーラインの美しさが身に染みるようにわかるのだ。 そこへ今回の来日・・中二の時から聴いてた、あのポール・マッカートニーが、オレの目の前に現れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リンダロンシュタットと丸型ポストと廃墟の商店街

リンダ・ロンシュタットって、ジョージ・ルーカスの元婚約者だったんだよね~?それとこの曲くらいしか彼女について知らなくてスミマセン! 大抵の曲ってのは、インプットされたメロディーの記憶から断片的に拾い集めてパズルのように組み立てて作るから、似てる似てないに関わらず、何か原型の曲は必ずあるんだよね。 この曲はそのリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜大桟橋から見た夕陽の美しさよ・・

いや~PCがクラッシュして大変でした!な訳で、半月遅れのライブ報告です この海辺のライブハウス「風鈴」のイベントは毎回素晴らしいバンドがゾロゾロ目白押しの、横浜でも非常にレベルの高い伝統のフェスなのです。 ところがなぜかウチがトリに抜擢されてたので、最初は弾き語りプラスワンくらいで臨もうかなって予定がしんみり弾き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「元気です。」の実演と日光の方で買ったベース

先週の日曜日、横浜駅前フォーク喫茶「元気です。」で久しぶり歌ってきました。写真はパートナーのヒロコ君が撮ってくれたので一人しかいませんが、鍵盤を入れてのユニット「ししゃもツインターボ」での実演もあり、ハモリもギターも難曲が多かったせいで(言い訳)トチリまくっての一日。それでも素晴らしい出会いもあり、マスターが十八番の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーサーになったマッチと「ハイティーン・ブギ」

最近女性ネタが続いたので男の話題w 近藤真彦マッチといえば、中森明菜のあの事件を起こした彼氏とか、大型バイクの教習所にジャニーズ特権で警察の制服で乗ってたりとかワルいイメージしかなかったけど、結婚してからは落ち着いてジャニーズの中でも親分的存在でカッコよくなった感じだ。いやでも元々彼は、純粋で屈託のない人間だったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そよ風の誘惑」とフミエ先生と場違いな卒業ソング

この「そよ風の誘惑」は、ウチの卒業式の卒業生退場で流れた この曲に合わせて俺らは体育館から、憎き教師らに拍手と共に見送られたのにはちょっと感動した。 タイトルからしてこの時期にぴったりで、爽やかなアコギが春を思わせるこの曲だけど、実は歌詞の内容は一つも「春」も「そよかぜ」も出てこなくて、振られそうな女の子が「あな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新たな仕事と鉄腕アトムとサニーサイドサーモンの音源

このアトム、どこに書いてあるものかわかる? これは江東区の風力発電の支柱に描かれたものなんだよ 仕事でこっちの方へ来たときに気が付いて驚いた! 生前から手塚が、自然エネルギーに大変興味を示していたということから 今回東京都が取り上げたんだけど、何だかうれしいよね。 こっちまで力をもらえた気がしたよ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友たちとの別れとチェッカーズ

先日、12年間務めた業界を離れて 全然違う畑の仕事を始めた。 以前の派手な業界と違って縁の下的業務だが、同じ営業職でも人の役に立っているという使命感がある 夜も12時前には布団に入って明日の朝に備える。 時にはタンカーに乗ったり気を抜くと海にはまったりして大変な仕事だが、一日が早く過ぎて充実の毎日 そんな中 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リボルバー」と銀座”ハンター”のドイツ盤

ビートルズの「リボルバー」は、悪友のチクンと銀座の中古屋”ハンター”で買った初めての洋楽アルバムだ ”ハンター”はソニービルと数寄屋橋ショッピングセンターにあって、俺が買ったのはソニービル店だった 余談だが、ウチの母親はこの”ハンター”の袋を持っていると、テレビCMで流れていた「ハンタ~!」って野性の雄叫びを必ず再現して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

桑田佳祐と俺のチンピラバンド

桑田率いるサザン・オールスターズをヤマハのコンテストで初めて見た時のショックは今でも忘れない 何しろそれまでオレが構想を練ってきた、エロい歌詞に(聴いたのは「女呼んでブギ」)ポップなメロディー、それを支えるROCKなビートの合体を、全部先に実践されちゃってたんだから。(オレが先でも負けてたけどネ。。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、世界を救えるのはこの人の歌声しかない!

松田聖子のアイドル時代の勢いと言ったら ミックジャガーもマドンナも足元にも及ばないほど凄かった! コレほどまでに圧倒的なエンタティメント性と歌唱力を持つ歌手が、かつて我が国に生息しただろうか・・ 当時はブリッコとか、おこちゃま向けだとか言われたけど その決してブレない存在感と歌声は誰もが認めざるを得なかった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕の瞳に小さな太陽

この曲を聴くと必ず浮かぶ景色がある 高校の部活動の合宿で、教室の机を並べた上に布団を敷いて寝た 夜は教室にラジカセを持ち込んで、全員入り乱れて踊りまくった! 特にお盆で前を隠してやった、クリームの「ストレンジ・ブルー」をバックに艶かしいオレの裸踊りは受けたなっw 教室という日常あたりまえの空間が、夜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAZAWAという生き方

遅ればせながら永ちゃんのドキュメンタリー映画「E.YAZAWA ROCK」を観た。前作のプロデューサーが作った作品で、ちょうど30年前の「RUN&RUN」の未公開シーンなども差し込まれていて嬉しかったのだが、今回あの熱いトークは影を潜め ハワイの風と波の音をバックにスロウ・ライフを楽しむ矢沢の余裕な姿が印象的だ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イエスタデイ・ワンス・モア・・

中学に入って部活が無い時俺らは 松原スターボウルで一日を過ごした といってもボウリングをしてたのではなく その裏のピンボールマシンに群がっていたんだ 台を微妙な加減で揺らしてゲーム数をガンガン増やしていくヤツがいて 50円で朝から晩まで遊んでた ピンボールと同様に当時ボウリング場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れる涙を春の陽に・・

前回に引き続き若かりしバンド時代の話 中学時代は結構色んなバンドがあったな 親友の小澤がCの集会所(と言っても族の集会じゃない)でキャロルをやっていて オレはDの集会所で外道やディープ・パープルをシャウトしてた Bの集会所では文仁が田中さんのギターでチューリップを唄ってた そんな中でやっぱキャロルの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more