テーマ:俳優

青春のすべてが入った問題作「愛という名のもとに」

この作品は「誰もが悩みもがいている」というテーマに基づき、汚職、登校拒否、違法入国、パワハラ、強姦や自殺という衝撃的事件を絡めて綴る、野島伸司の中でも最高傑作と言える素晴らしい問題作だ。 多分気付いた人もいるだろうけど、明らかに「セント・エルモス・ファイアー」という映画からヒントを得た設定ではあるけど、登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROCK歌手としてのショーケンの凄さ

これのジャケ写、ショーケンのソロアルバムじゃないよ。 れっきとしたザ・テンプターズ名義の公式アルバムだからね! これでもわかるように、テンプターズ時代からショーケンは飛び抜けた個性と魅力を兼ね揃えていて、本人の意思とは関係なく他者を圧倒するカリスマであり続けていたんだよね 今回はそんなシンガー萩原健一の素晴らし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「探偵物語」における”優作の孤独な戦い”

松田優作はまた改めてちゃんと書くけど、今回は「探偵物語」に絞ってみます。 このTVドラマは、フィルムを使って毎回著名な監督がオムニバスで撮っていて、コミカルな探偵が主役という設定など「傷だらけの天使」を明らかに意識していますね。 先日も書いたように優作はショーケンを「神」と呼ぶほど尊敬しているし、だけどそのまんま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終回に於けるショーケンと優作の違い

いや~、熊谷の方に出張してあまりのヒマな夜なので(金もないし)、ボーっとテレビをつけてたらテレビ埼玉で「太陽にほえろ!」のショーケンの巻がやってるじゃないか!しかも最終回!!その余韻に浸っていたら、今度は「傷だらけの天使」が始まったではないか?!テレ玉、萩原健一フリークの俺にとっちゃサイコーな局だぜ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーサーになったマッチと「ハイティーン・ブギ」

最近女性ネタが続いたので男の話題w 近藤真彦マッチといえば、中森明菜のあの事件を起こした彼氏とか、大型バイクの教習所にジャニーズ特権で警察の制服で乗ってたりとかワルいイメージしかなかったけど、結婚してからは落ち着いてジャニーズの中でも親分的存在でカッコよくなった感じだ。いやでも元々彼は、純粋で屈託のない人間だったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーナビで観たNHK連ドラ「純と愛」よ、さようなら!

今の仕事になって所長に手ほどきを受けながら同行することが多いんだけど、客先に行く手前の係船場にステーションワゴンを止めてナビをテレビに切り替え、おもむろにこの所長とは無縁なタイトル「純と愛」ってドラマを観だしたのだから驚いた。「俺の一日で唯一の休憩時間だから」って、仕事のスケジュール予定がドラマ中心に組み込まれてて笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦って何? ーPART3ー

一度だけ根津甚八さんにお会いしたことがある。 実はオレ、甚八さんが作った大学の演劇部に席を置いたことがあって、OBとしていらした時にオレみたいな素人にも声をかけて頂き、その姿は画面で拝見するイメージと全く違った気さくでお茶目で、そして本当に心優しいステキな方だった そんな甚八さんの奥さんが本を出した。タイトルはズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋と福山雅治の”Good-Night”

いわゆる”初恋の人”とは初めて手をつないだデートの相手のことをそう呼ぶ人もいるし、ただ単に異性として”いいな”って意識し始めた幼少の場合もある。 もしくは初キスの相手の事を指す人もあれば、憧れのアイドルやフミエ先生がオレをちょっと男としてみてくれたことのときめきをそう思う事もあるけど オレの場合は多分全部そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夫婦って何? -PART2-

この写真 桑田佳祐が夜這いしてるとこじゃないよ 本日葬儀が行われた南田洋子とその喪主長門裕之の初々しいラヴシーンだ 監督はカンヌでパルムドールを2度も受けた今村昌平なんだから この2人がいかに有望な役者だったのかわかるよね 記憶にあるのは”ミュージックフェア”での仲睦まじい司会ぶり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦って何?

大島渚が倒れてから12年、妻の小山明子は介護疲れでやつれるどころか,大げさでなく73歳になってもどんどん美しくなっている。 大島渚がまだ全く無名の助監督時代(っても当時の助監督とはただの使いっぱしり)、小山明子は既に大女優だった。 その大女優を大島渚は300通のラヴ・レターの情熱で落とした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どーでもいいけど 暑いよなぁ・・

こんな暑くちゃ、文章も思い浮かばない こんな時は こんな曲を 車に積んで 海岸沿いを窓全開で流してみよう サイコーだぜ! 特にラスト部分のブレイク後のサックスソロとシンセの絡みなんて、今じゃ聞けない音だから 夏をご堪能あれ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どう考えても思いが募る

子供の時聞いた音って 大人の世界に憧れ妄想するのにピッタリなものが多かった じゃー例えばその時代の音を今聴いたらどうかというと これが未だにあの頃のイメージのマンマで全てが大人っぽく、深い 実際洋楽、特にSOUL系の音はあの時代がまさにピークで 結局いつまでたってもどいつもこいつもがそれらの焼き直しだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more