テーマ:ビートルズ

蒲田「ニューエイト」さんで歌ってきました!

友人も出ていて前から気になっていた蒲田の「ニューエイト」さんのオープンマイクに行ってきました。 広くて音響設備、照明も素晴らしく、それでいてチャージ千円ドリンク付きという破格値なのもおススメできます。 仕事帰りで着替えてギターを持ってから来たので、オレの出番は22時過ぎであまり参加者さんを見れなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「元気です」でBeatlesを!

今回も元気ですでのBeatlesイベントに参戦してきました。今回も10組の参加者で盛り上がりましたね~!前回はソロでしたが今回はカルパッチョの3人で行きました。 その画像です。 司会の穂垣さん もう一人の司会、永美ちゃん どこにでも参加できる実力の持ち主ぬっきーさんとバンド …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由緒正しい「長浜ホール」でLIVEしてきました。

横浜市営「長浜ホール」でのイベントに参加してきました。 野口英世に因んだ歴史のあるホールで、自然に囲まれた素晴らしい環境で歌わせてもらいました。 今回、このイベントに呼んでくれたぱとちゃんのバンド。グランドピアノの音が素晴らしいッス ぱとちゃんの旦那さんB.Bさん、写真を有難う御座いました! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズ大会で盛り上がりました!

横浜駅「元気です」のビートルズ大会に参加しました!先日は「クラプトンだぜ!」言ったばかりでもう「ジョンレノン」早変わりですw総勢14組のビートルたちを聞けて満足でした。 参加者の皆さんを一部紹介します。 進行役のホガッキーさんのバンド。「The End」のメドレー、マスターのドラムも良…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幼なじみと過ごした「アビーロード」でのLIVEです!

久しぶりのブログです!先日の土曜日8月15日はビートルズバンドの聖地「アビーロード」で、THE RAINさんとご一緒させてもらいました。うちらと同級生の小澤のバンドの共演とあって、同級生がたくさん集まってくれてにぎやかな夜となりました。帰り道、このまま月曜は教室に向かう気がするような、そんなお盆の夜でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日に向けて(親友の三回忌から)

親友が亡くなって、もう三回忌になりました。今年はもう悲しんだり悔やんだりしないで、奴と一緒に行ったビートルズ復活祭のオープニング曲「A Hard Days Night」を、奴のドラムではないけど歌います。 彼のお母さんにも会いましたが、前向きに生きています。 時には涙を流しましたが、彼の死と決別して車椅子でも本当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自作曲をコピーされる喜び~「原曲こんなに変えちゃった&完コピ自慢の集い」より

田中ヨシジ企画初イベント「原曲こんなに変えちゃった&完コピ自慢の集い」を、横浜根岸「インバーハウス」にて実施致しました。皆さん大変個性派が揃って飽きることなく、本当に最後まで楽しめました! 今回の宿題の「ビートルズ」をそれぞれ異なる解釈で実演されて、これぞこの企画の醍醐味!という感じでした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天国でも唄っているかい?

お前が死んでから、もう一年にもなったんだね オレ自身は何も変わらないけど、仕事は派手な世界から180度違う環境にいる あの頃は何も恐れず、毎日適当に過ごしてた 何とかなると思ってね 実際、すべてどうにかなって暮らしてたよね 今はすべてがどうにもならない日々が続いてるよ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あざみ野「ジャングル・ポケット」楽しいワンマンライヴ、ありがとう!

土曜日、「ジャングルポケット」でソロ実演会をヤリました。 お客さんが盛り上げてくれて、本当に楽しいライブでした! しばらくジャングルポケットとお別れです。 店主のきみさんやスタッフの皆さん、有難うございました! ージャングルで演った曲たちー マイケルジャク…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10代とまったく変わらない71歳~ポール・マッカートニーがくれた青春

何と伝えたらいいんだろう・・ 白状すると前回も前々回の来日の時もポールから興味がなくなっていて、ハードで新しい音に夢中だった。 それがこの歳になって、ポールの磨かれたメロディーラインの美しさが身に染みるようにわかるのだ。 そこへ今回の来日・・中二の時から聴いてた、あのポール・マッカートニーが、オレの目の前に現れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

皆さん、ありがとう!

先日の日曜日、地元のライブハウス「アビーロード」でTHE RAINのステージにお邪魔して”めばるファンキーサーカス”のメンツで演奏させてもらいました。この箱は音響もお客さんも素晴らしく、店内も雰囲気があってビートルズのデビュー前の気持ちにさせてくれる、本格的なライブハウスです。地元にこのようなお店があってホン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポールの牧歌的、日曜の午後の陽だまり的曲をやってみた。

ジョンは6回もこのブログのテーマになったので、ポールを久々に取り上げます。 去年マッカートニー氏が、札幌だけで公演をするという噂がまことしやかに流れていた 実はオレ、まだ生ポールを体感していない一人なので、「これで見逃したら、ポールを(というか生きてるビートルズを)一生見れない!」と今回は何をしてでも行くつもりだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」と可愛いパティ

ビートルズネタが続きます。 この大胆な邦画用タイトルを付けたのは、当時ユナイト映画に在籍してた故・水野晴郎さんだってのは知ってるよね。 あまりに原題と離れているのは、彼が「Beatles Come To Town」というニュース映画と取り違えて付けたかららしいw はっきり言ってこの映画は、ただビートルズがファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HELP!(4人はアイドル)って以外言葉が見つからない・・

いやいや、夏真っ盛りですが如何お過ごしですか? オレがこの季節に必ず思い浮かぶのは、ビートルズの映画「ヘルプ!」のこんな美しいバハマ諸島のカリブ海のシーンだ。 まだオレたちが子供の頃は動く彼らを見れるのは映画館しかなく、しかも既にビートルズは解散していたので、ファンクラブが主催する「ビートルズ復活祭」ってヤツにそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アビー・ロードで久々のライヴ!

極寒の越谷アビー・ロードは日曜の晩にも関わらず立ち見まで出る盛況ぶり 親友小澤のBEATLESバンド「THE RAIN」のライブが行われ、場内はその熱気に包まれていた・・ オレはオープニングとインターバルで唄わせてもらい、RAINのファンの皆さんも熱心に聴いてくれて本当に有難かった 「THE RAIN」は見…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「リボルバー」と銀座”ハンター”のドイツ盤

ビートルズの「リボルバー」は、悪友のチクンと銀座の中古屋”ハンター”で買った初めての洋楽アルバムだ ”ハンター”はソニービルと数寄屋橋ショッピングセンターにあって、俺が買ったのはソニービル店だった 余談だが、ウチの母親はこの”ハンター”の袋を持っていると、テレビCMで流れていた「ハンタ~!」って野性の雄叫びを必ず再現して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひとりぼっちのマッカートニー

ビートルズ・ソングならほとんどステージで歌った(歌詞の正しさは勘弁ね)オレだけど、実はポールの1stから「Red Rose~」」までは聴いたことが無いんだ。 時々友達がmixiの日記でポールのsoloの素晴らしさをYouTubeで紹介し、「RAM」なんかサイコーで“是非是非!”と薦められるのだが、どうも聴くきっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三度目の”ジェラス・ガイ”

もう30年も経つんだね。 Johnについて書くことはもうない筈なのに、また今日こうしてブログを綴っている 今年10年目にして初めて、というかもう数日で閉館する事を知ったその日の激しい雨が、“ジョンの抜け殻には興味ない”といっていたオレの足をジョン・レノン・ミュージアムに向けさせたんだ。 横殴りの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

惨めなリハから本番を迎えたオレの歌声を・・

声の出ない歌手と、台詞を忘れた役者ほど惨めなモノはない(元演劇部として・・) あと2時間半でこの一流ミュージシャンが集うライヴイベントでの俺の出番が廻ってくる どうあがいてもノドの調子は良くなるどころか、ますますひどくなって俺はお相撲さんみたいな苦しそうな発声しか不可能になっていた・・ …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジョージ・ハリスンと高校の不良BAND・・

この中で一番目立ってる和哉はポーズだけだからねw なぜこのバンドとジョージなのか?と聞かれるとわかんないんだけど とにかく”SOMETHING”はこのカッコで高校時代ずっとやり通した曲だ。 (あと郷ひろみのキンクスをパクッた「花とミツバチ」ね) ヘイ・ジュードは、一年の予餞会のステージで暴れす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

The Long And Winding Road・・

いやぁ、昨日は友だちの小沢淳一君率いる”The Rain”のライヴに、高校の(というよりZOROの)友だちを連れて見に行ったんだけど、そこには何十年ぶりの友だちがいて(MCで言ってるけどね)全然変わっていないし、会った瞬間に時間なんか飛び越えてトリップしたのには驚いたね! 仲間たちはバラバラの人生を歩いて そり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4人はアイドル~大人のROCKへと変貌するビートルズ

今度ビートルズのアルバムがCDとして発売以来、22年ぶりに全曲リマスタリングされて出るって騒いでるけど、当時オレは初期の赤盤、後期の青盤のベストアルバムで憶えたそれ以外の曲はどうでも良いと思っていたんだ。ところが聞き進むにつれそれが大きな間違いで むしろベストヒットに入らない曲の方が素晴らしいという事に気がついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽を聴き始めた頃、もうビートルズはいなかった。

オレにとってポール・マッカートニーは今でも ビートルズのメンバーじゃなく、あくまでウイングスのリーダーでヴォーカリストだ あの頃は洋楽の情報がラジオからしか得れなかった まだオタクもメイドもいなかった秋葉原でお年玉を貯めて買った 「SOUND750(ナナハン)」という強力な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男女の色恋なんて比じゃないね=レノン&マッカートニーの確固たる絆=

以前にも書いたけど彼らの不仲は音楽史上に残るくらい激しいものだった Johnの“ラヴ&ピース”を唱えたアルバムの代表として有名な「Imagine」でも、Paulを露骨に卑下してるくせして“みんな手をつなごうよ”とはお笑いだったよね Paulだってそう。 「Get Back」をもろヨーコの顔を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の最後はオレの迷惑な雄叫びで!

今年ももう終わろうとしています さあ、何の曲で幕を閉じようか 今の気持ちを一番素直に表現して ”Don't Let Me Down”で決まり! この映画のシーンの彼らのカッチョよさは計り知れない 映画館やビートルズ祭りでしかお目にかかれなかった動く奴ら・・ ”ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Johnの命日と誰もが書き綴る・・

今日、12月8日。 彼が亡くなったニュースを聞いて、多分そのときの気持ちは”仲間を失った”感が強かったな。 偉大なロックン・ローラーっても、オレと同じでROCK以外何も取り柄の無い男。 弱いくせに、ただのエーカッコしいだ。 バカな事を率先してやって、発言を責められると急に言い訳とかしてしまう・・ 永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

John Lennonと田園風景・・

ジョンのアルバム「イマジン」を買ったのは 埼玉の実家に住んでいたとき まだ田園が広がるその土地で なぜか交通機関を使わず、隣町のレコード屋に徒歩で行った ジョンの愛とか平和とかのメッセージなど全く気にせず、その曲のゆったりとしたテンポにあわせて歩く。 今はもうすっかり 建売住宅がびっしり並んだその土地を・・…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

何十億の人に愛を与えただろう・・

オレがPaulを初めて知ったのは”愛しのヘレン”がラジオで流れた時。 めちゃタイトなリズムと 歪んだギターがガンガン来て、ちょっとグラムも匂わせたそのサウンドに やられた。 続く”ジェット””ジュニアーズ・ファーム”とROCKな楽曲を連発してた。 ルックスも当時のアルパチーノを彷彿とさせる(ゴ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more