テーマ:ロック

「みんなで弾語ROCK!特別編」高橋マコトさん、岡本主任大活躍でした!

今回特別編ということで人気のお二人が参加してくれて、場内満席の「元気です」でした。1部、2部共セッションで盛り上がり、昼からぶっ飛ばしてROCKな1日となりました。誰より楽しんだのは自分自身だったと思うけどw 今回は皆さんがステキな写真を沢山くれたので、そちらと音源を中心にお届けします。 ※岡本主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんなで弾語ROCK!vol.8」楽しかったです!

今回も弾き語りでROCKする方々が集合して楽しく過ごしました! 金丸ちゃんのお母上も来てくれて、ラストはダンス&タンバリンで参加してくれました。 出演者の方々 ※泉ちゃん 今回は初サザンに挑戦!ってワケで、これが良かったです。彼にはメロディアスな曲が似合います! ※ジンさん 初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋マコトさんの「クラプトンセッション」最高です!

西荻窪「ヘブンズ・ドア」の高橋マコトさん主催「クラプトンセッション」に参戦してきました。 まあ、マコトさんに会いに行くのが目的なので特に準備もなく行ったのですが、いきなり「じゃあ、弾いてください!」みたいなノリで焦りましたが「サンシャイン・ラヴ」「ホワイト・ルーム」「ワンダフル・トゥナイト」「コカイン」をセッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんなで弾語Rock!vol.6」全員で盛り上がって楽しかったです。

今回もどんどん若返っていく「弾語りRock」です。 そんな感じでオレ自身もいつになく新しい曲をやってみました。 参加者さんのご紹介 ※トシさん お忙しい中、陣中見舞いに来てくれました。金丸ちゃんの白オベでオレの好きなPYGの「花・太陽・雨」もやってくれました! ※TAKA O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜山手「エンゼルスクラブ」で対バンしてきました!

弾語ROCKに来てくれたちひろ君に誘われて、10年ぶりに行ってきました山手「エンゼルスクラブ」。 LIVEハウスらしい雑多な雰囲気がカッコ良く、出てきた共演者の皆さんも素晴らしく個性的でサイコーでした! バンド名など聞いていないので、写真とその感想です。 どうやらご夫婦らしい仲の良いい二人。フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第19回オリ褒め」、スーパースターの登場で熱くなりました!

今回はあの高橋マコトさん(exもんた&ブラザーズ他)が快く参加してくれまして、誘っておいて自分で驚いています。参加者の皆さんも大変喜んでいる姿を見て、この企画を続けて良かったなとつくづく思いました。 憧れた人が目の前に来てくれて一緒に演奏までできたのだから、音楽を続けてて本当に良かったと思います。 このよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弾語ROCK!Vol.5」は新しい風が吹きました!

横浜駅元気ですの「弾語ROCKvol.5」、盛り上がって延長戦で終わりました! 今回も2組、新規の参加者さんが来て素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくれました。 その皆さんをご紹介しましょう! ※金丸ちゃん 自作の打ち込みをバックに、昭和のJ-ROCKをカッコよく展開してくれまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弾語ROCK!Vol.4」盛り上がりました!

弾語ROCKin横浜駅「元気です」無事終了しました!今回は初参加の大五郎さんや金丸くんのカラオケエレキなど、色とりどりの充実した内容でした。 参加者の皆さんです。 ※金丸さん 毎回トップで演奏の金丸さん、新たな挑戦に二部での世良チャーも力強く、良かったです! ※泉さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱かったアビーロードの夜です!

小澤のバンド「THE RAIN」にワンステージもらって演奏してきました。 場内は溢れるばかりのお客さんで、その人気の凄さがわかります。そこにアウェー感たっぷりのウチラが登場したんだから、緊張するのかと思ったらそうでもなかった。 今回は卓球部の同期南雲君が沢山写真を撮ってくれたので、そちらを中心に進めま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弾語ROCK!Vol.3:特別編」燃えました!

昨日は「第三回弾語ROCK!:特別篇」を横浜駅「元気です」で開催しました。 スペシャルゲストに岡本主任と、ライブハウスで人気のZipper ClopperのボーカルRyuを向かえました。皆さん、独自のスタイルでROCKを表現して、サイコーにカッコ良かったです。 今回はTakaさんが沢山撮ってくれたので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙日の[みんなで弾語ROCK!Vol.2」、またもや盛り上がりました!

今回も初参加の方、常連の方、懐かしい友達も来てくれて、バラエティーに富んだイベントになりました! ROCKな弾き語りは最高ですよ、一度皆さん来てみてください! 参加者の皆さんです。 ※金丸ファンドさん お馴染みの初回からの常連さん!二部でやった「鉄爪」がカッコ良かったス。ギターもビシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二週にわたり飛び入りして「スカイライン」を共演です!

横浜六角橋商店街「ミュージック・ジャンプ」にセミアコの修理を持っていったら、Oggyさんが闇市に出るということで飛び入りしてきました。先週末は岡本主任の9周年記念で同じく「スカイライン」を歌いました。それぞれ共演者によって全く違った曲になった「スカイライン」を聴いてみてください! 昼間は昭和歌謡イベントで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LIVE三昧でくたびれた土日連ちゃんの日々

土曜日はラ・フィエスタのパスタ・フェスタと林さん岡本主任のダジャレを言わないとに参加。日曜日は自分の企画「みんなで弾語ROCK!」を開催しました。二日とも有意義な一日で皆さんの演奏から吸収するモノが沢山ありました。 パスタ・フェスタは久しぶりにおぎーさんとの再会だったので「スカイライン」のリードギターをお願いし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の想い出と「痛快ツナツール」未発表音源発掘!

今年もあと2週間を切りましたね~。 振り返ってみて、やはり印象に残ってるのはLIVEハウス「風鈴」において、神奈川県中のツワモノバンド出場する「ビート&ハーモニー」のイベントに出場した「痛快ツナツール」の悲喜こもごもですかね。 見知らぬご夫婦が楽屋に来て「あんたサイコーだったよ!」と言って カシスウーロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台野外LIVEとロックな新曲は「POWER」

「湘南台お楽しみ市」にて”ししゃもツインターボ”で参加させて頂きました。 今回は笹貫さんの前任の主催者さんの三回忌で、昔からの出演者がたくさん集まりました。 自分は「遠くで汽笛を聞きながら」で追悼させてもらいました。 ヒロコ君の歌はリズム感も良いし、ラヴサイケデリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROCK歌手としてのショーケンの凄さ

これのジャケ写、ショーケンのソロアルバムじゃないよ。 れっきとしたザ・テンプターズ名義の公式アルバムだからね! これでもわかるように、テンプターズ時代からショーケンは飛び抜けた個性と魅力を兼ね揃えていて、本人の意思とは関係なく他者を圧倒するカリスマであり続けていたんだよね 今回はそんなシンガー萩原健一の素晴らし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ポールの牧歌的、日曜の午後の陽だまり的曲をやってみた。

ジョンは6回もこのブログのテーマになったので、ポールを久々に取り上げます。 去年マッカートニー氏が、札幌だけで公演をするという噂がまことしやかに流れていた 実はオレ、まだ生ポールを体感していない一人なので、「これで見逃したら、ポールを(というか生きてるビートルズを)一生見れない!」と今回は何をしてでも行くつもりだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「リボルバー」と銀座”ハンター”のドイツ盤

ビートルズの「リボルバー」は、悪友のチクンと銀座の中古屋”ハンター”で買った初めての洋楽アルバムだ ”ハンター”はソニービルと数寄屋橋ショッピングセンターにあって、俺が買ったのはソニービル店だった 余談だが、ウチの母親はこの”ハンター”の袋を持っていると、テレビCMで流れていた「ハンタ~!」って野性の雄叫びを必ず再現して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

YAZAWAという生き方

遅ればせながら永ちゃんのドキュメンタリー映画「E.YAZAWA ROCK」を観た。前作のプロデューサーが作った作品で、ちょうど30年前の「RUN&RUN」の未公開シーンなども差し込まれていて嬉しかったのだが、今回あの熱いトークは影を潜め ハワイの風と波の音をバックにスロウ・ライフを楽しむ矢沢の余裕な姿が印象的だ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとりぼっちのマッカートニー

ビートルズ・ソングならほとんどステージで歌った(歌詞の正しさは勘弁ね)オレだけど、実はポールの1stから「Red Rose~」」までは聴いたことが無いんだ。 時々友達がmixiの日記でポールのsoloの素晴らしさをYouTubeで紹介し、「RAM」なんかサイコーで“是非是非!”と薦められるのだが、どうも聴くきっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見直したぜ、ロッド・スチュワート!

ロッドを始めて聴いた頃、彼はヒットチャートの常連だったしカッコもこのようにど派手で(この下は豹柄のスパッツ。関西のオバちゃんが愛用してる)腰をフリフリ”I‘m Sexy“なんていってまるっきりアイドルだった。オレも女の子と公園で当時流行ったロッドの曲を一緒に口ずさんだりして甘酸っぱい思い出が甦る、そんな存在だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三度目の”ジェラス・ガイ”

もう30年も経つんだね。 Johnについて書くことはもうない筈なのに、また今日こうしてブログを綴っている 今年10年目にして初めて、というかもう数日で閉館する事を知ったその日の激しい雨が、“ジョンの抜け殻には興味ない”といっていたオレの足をジョン・レノン・ミュージアムに向けさせたんだ。 横殴りの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そして大桟橋の日は暮れた・・

”ああ~もう少しで絶体絶命だったライヴが無事終わる!”と思った瞬間、この10分近くある曲のサビがふっ飛んでいた。まただぁ!これは3年前”ばってら”で場所も同じ風鈴で演奏したときと全く同じ所・・ しかし音源をよく聴いていると、間違えているのはどうやらオレだけじゃない事に気付いてしまった! ようするに緊張してたのはオレだけじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・クラプトンの涙

修学旅行の京都で おみやげ代を全額使って“461オーシャン・ブルーバード”を買って帰ったヤツもオレ以外いないだろうな エリック・クラプトン・・なんて心地よい響きなんだ 物心ついてから彼に憧れ続け、タバコの銘柄からそれをギターヘッドに刺す仕草まで真似た クラプトンと言えば女好きで有名だが …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

軽井沢の思い出と「イージュー★ライダー」

まだ上信越自動車道が出来てない頃、軽井沢に行くには碓氷峠をクネクネとひたすら進むしかなかったんだよね~ そう、「人間の証明」で幼少の時麦わら帽子が風に飛ばされ”ママー、ドゥー・ユー・リメンバ~”ってジョー山中が歌っていたあの場所だよ 何回行ったかわからないけど その時は蓼科を廻って美ヶ原高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日が本当の”クリスマスおめでと!”だろ?

いつからだろう?クリスマス・イヴをメインイベントに考え始めるようになったのは・・ オレは純粋なカトリックの幼稚園に通っていて、毎日一本ずつ天井から吊るされた巨大なキャンドルに明かりが灯り、25日まで悪い事をするとロウソクに火がつかないと脅され、それを25日に天使の羽をつけてまさに天使のようなオレがキャンドルサー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オレはロックシンガーなんだったぜ!

ここ最近センチになる出来事が多かったせいか、よく見るとこのブログは心暖まる曲たちばかり演ってたね~ でも本来のオレはあくまでROCKなシャウターであって そんな優しい男なんかじゃないんだぜ!(知ってるか・・) 相変わらず世間はリマスター盤が出て以来、ビートルズ熱が冷め遣らないけど ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4人はアイドル~大人のROCKへと変貌するビートルズ

今度ビートルズのアルバムがCDとして発売以来、22年ぶりに全曲リマスタリングされて出るって騒いでるけど、当時オレは初期の赤盤、後期の青盤のベストアルバムで憶えたそれ以外の曲はどうでも良いと思っていたんだ。ところが聞き進むにつれそれが大きな間違いで むしろベストヒットに入らない曲の方が素晴らしいという事に気がついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな音聴いてりゃ、アキバ行かないで済んだのによ!

オレが初めて聞いたROCKコンサートは 偶然手に入ったスージー・クワトロのチケットから中野サンプラザで。 スージーはどっかグラムの香りを残していて結構POPな感じだったが、その前座に出てきたPANTAはもっとスケールのでかい、ナイフというかナタでぶった切ったよな激しいものだった しかしスージーのファンはP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空模様のかげんが悪くなる前に・・

Charがさまざまな歌手(あえてそう言おう)のバックを16歳から演っていたのは有名だが、たとえば元祖ジャニーズで”あしたのジョー”の声優あおい輝彦や、山崎ハコ、頭脳警察のPANTA、そして軟弱フォークの雄NSP(ニュー・サディスティク・ピンク)ではCharがギターを弾きまくるライヴ盤までリリースしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more