テーマ:恋愛

新曲は真面目な問題作「ダメな俺に」

お盆休みは七日間あったんだけど、実家に帰って、コンタクトを作って、各滞っていた連絡をして、そして唯一創造的な作業でこの曲を書いて録音しました。タイトルはブライアン・ウィルソンのアルバムに「ダメな僕」があるから、自分は「ダメな俺に」です。曲を書くにあたり、ネタをばらすとリンダロンシュタットの「イッツ・ソー・イージー」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガシカオの最高傑作「黄金の月」を1日がかりで弾き語り完コピしちゃいました。。(汗)

スガさんは以前、自分と同業種で働いていたので、在職中の逸話も色々聞いていたし最初から知人のような親しみで聴いてた。実際音楽性もPファンク系黒人音楽の影響が大きくサウンド嗜好もドンピシャだし、村上春樹も絶賛した歌詞もアカデミックで格調高くてかなりのお気に入りアーティストだ。バックに沼澤尚&松原秀樹の最強リズムを従わせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボブ・ディランに捧げます。新曲は「風に吹かれて」

実はボブディランの事は全然知らなくて、アルバムもバックのザ・バンド目当てで買った「偉大なる復活」やベスト盤くらいしか持っていない。この「フリーホーリン」のアルバムのジャケットが好きなのと、「欲望」のバイオリンのはバス停でバイオリンを持っていた人を全然実力も知らずに連れてきたとか、その程度の逸話程度だった。そして最近や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新曲「気がつけば」のYouTubeで間違えた店名と「明日も愛してくれますか?」

昨日は白楽「ラ・フィエスタ」へライブパーティへ行ってきました。 ここでも新曲の「気が付けば」をやって好評だったので、YouTubeにUPした動画を貼りますが歌詞が大幅に間違っているので、原詩を載せます。ヨロシクです。 気がつけば    詩・曲/田中ヨシジ 夕闇に街の灯り ほんのりとにじむ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「あっとぺっぷ」に笑顔でさよならと新曲「気が付けば」

自分が初めてPAを使って人前で歌ったのがこの42年も続いた店でした。 クインシー・ジョーンズを始め、著名なミュージシャンも多く来店した由緒正しい箱だ。 ママさんが一人で42年も守り続けた、横浜でも有名な音楽小屋でした。 懐かしい「あっとぺっぷ」の画像の数々 Kondyさんと組んだビートルズユニット「コ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第六回「オリほめ」は小出正則さんの登場と、沢山の出演者さんで盛り上がりました!

珍しい後姿です(笑) 今回ヴァレンタインの「オリほめ」は、元フォーライフレコードの小出正則さんと珍しく女性も3名、他沢山の皆さんが来てくれて大盛況で終わりました。 トップは「マッサン」 前回出て頂いて良かったのでまたお願いしました。 「同窓会ブルース」での”昔はキャンディーズ~今森三中”が爆笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新曲は珍しくマイナーコードな曲「カテゴリーにない気持ちを」

遅ればせながら、明けましておめでとうございます! 今年の正月は外にも出ないで、家に閉じこもって宅録に専念してましたわ。 今度の新曲は、昭和歌謡のような洋楽を意識した曲です。 例えるならば「ナオミの夢」とか「二人のシーズン」みたいなのを目指しました。 カテゴリーにない気持ちを  詩・曲/田中ヨシジ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージを打ち破る新曲「緑の中の幻」

どうしても作る曲で自分のイメージを固定されることがよくあるよね? 今回はそんな観念を打ち破るべく、アルペジオを多用して幻想的な曲を書きました。 夢うつつで、起きてみたら自分はもう中学生じゃなかった! そんな記憶、ありませんか?  緑の中の幻   詩・曲/田中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台の路上LIVEと新曲のラブソング「六軒ロール・ベイベー」

先週、恒例の「湘南台お楽しみ市」にて路上LIVEをしてきました。 ゲストにヒロコ君を迎えてシンディー・ローパー他2曲をやって、自分はハマショーとオリジナル曲で攻めました。 毎回ですが、このLIVEに集まるミュージシャンは素晴らしくてホント勉強になる事ばかりです。 ヒロコ君の歌は深…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新曲は「70年代のうた」。あの頃の輝きを取り戻そうぜ!

賀正!新しい年を如何お過ごしですか? 今回の新曲は、言いたいことは全部曲に書きました。 サビと後半は当時の物品をシャウトしているだけですけど、心に訴えますよ。 誰もが明るい未来しかなかったあの頃・・あんな時代に青春を送れて幸せでした! 全ての70年代を送った人々に、この曲を贈ります。 世…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カーナビで観たNHK連ドラ「純と愛」よ、さようなら!

今の仕事になって所長に手ほどきを受けながら同行することが多いんだけど、客先に行く手前の係船場にステーションワゴンを止めてナビをテレビに切り替え、おもむろにこの所長とは無縁なタイトル「純と愛」ってドラマを観だしたのだから驚いた。「俺の一日で唯一の休憩時間だから」って、仕事のスケジュール予定がドラマ中心に組み込まれてて笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀正!今年は年始から激甘ラヴ・ソングで攻めるぞ!

明けましておめでとう! 昨年は色々有難うございました。今年は何だかイイ年になりそうなので、様々なことに挑戦したいと思っとります。 その第一弾といいますか、かつてない程叙情的で女性を讃えた曲を書いてしまいました。 取り敢えず、今回はこの歌詞と曲だけを公表して終わりにします。 この写真はウエーター時代じゃない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新曲のラヴ・ソングと路上&カフェ・ライブ!

先週の日曜日、昼間は湘南台の路上にて、夕方からは伊勢佐木町の「リセット・カフェ」で実演してきました。 12月も間近というのに、ポカポカの小春日和でシャツ一枚でも暑くてご覧のように袖まくりでした ベビーカーを停めて聴いてくれる主婦やご年配もいらして、楽しい実演でした リセット・カフェは伊勢佐木町モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」と可愛いパティ

ビートルズネタが続きます。 この大胆な邦画用タイトルを付けたのは、当時ユナイト映画に在籍してた故・水野晴郎さんだってのは知ってるよね。 あまりに原題と離れているのは、彼が「Beatles Come To Town」というニュース映画と取り違えて付けたかららしいw はっきり言ってこの映画は、ただビートルズがファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無償の愛って  ー映画”Leaving Las Vegas”よりー

甘いだけの恋愛映画なんか観たくない。 最近映画もしばらくご無沙汰だけど、この作品のようなお互いが身を削るような激しい恋の映画はきっとないだろうな・・ 「無償の愛」をテーマにした映画はたくさんあるけど、この作品のように破滅へと向かい、しかもそれを承知の二人の姿には心底魂を揺さぶられる ニコラス・ケイジ扮す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋と福山雅治の”Good-Night”

いわゆる”初恋の人”とは初めて手をつないだデートの相手のことをそう呼ぶ人もいるし、ただ単に異性として”いいな”って意識し始めた幼少の場合もある。 もしくは初キスの相手の事を指す人もあれば、憧れのアイドルやフミエ先生がオレをちょっと男としてみてくれたことのときめきをそう思う事もあるけど オレの場合は多分全部そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美人担任教師と「おれは男だ!」

今思うととてもヘンだけど 4年生の時に一度新学期が発足してから2ヶ月後一クラスの生徒数が多すぎたという理由で再びクラス替えをして そこで新たなオレのクラスを担任としてやってきたのがめちゃカワイイ(当時は大人に向かってこの単語は使わなかったけど)大学を出たばかりのフミエ先生だった フミエ先生はちょっとハーフっぽい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初めての薔薇の花束~贈った相手は・・

恋愛ネタが続きます。当時流行ってた”南野陽子”によく似た明るいコだった。 違う部署なのに帰りの電車でなぜか横に座ってきたナンノは、彼氏の話を突然してきた。 ”テニスのラケット買ってくれたり優しいんだけどさ、なんか物たんないんだよね~” そんなのゼイタクだぜ!まったく 確かそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴになると思い出すあの日・・

関内”ハッピー・ブルース”でライブ。 時節がら達郎の”クリスマス・イブ”。 この曲はラブラブな恋人達を盛り上げるための曲なんかじゃないよね。。 煮え切らない僕に 長く連れ添った彼女が別れを言い出した。 ”そんな事絶対出来るわけないじゃん”って思ってた。 彼女はしつこく言い寄られて嫌がっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more