テーマ:バラード

悲しみのアンジー

好き過ぎて今まで書けなかったストーンズの回なんだけど、何から語れば良いかわからないくらいマニアなので 今回はあまり知られていない(今のファンには)初期から中期にかけて振り返って、その魅力を探訪してみませう!(ん、スゴクまとも?) 皆さんはローリング・ストーンズのリーダーがミックと信じて疑わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ビリー・ジョエルとニューヨークの想い出

オレが初めて海を越えて着いた土地はニューヨークだった(伊豆大島があった!) 空港で味わった異国の空気と風の匂いに佇み、迎えに来たリムジンに乗り込んでフリーウエーを飛ばし街へ出ると、なんといきなりクレーン車が高架橋に挟まって取れなくなってるし(ニューヨーカーは高さも勘で行動する)、乗用車の窓ガラスはサランラップを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニューヨークの想い出と追悼のこの曲

ビンラディンが死んだ オレがニューヨークへ行ったのは9.11の3年後のちょうど今頃だった 貿易センターのツイン・タワー跡地Ground Zeroにはまだ生々しい傷痕が残されていて とてもカメラを向ける気にはならなかった 人々の叫びが 痛いくらい心に聴こえてきた・・ 前いた会社の米本社へ行く…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

見直したぜ、ロッド・スチュワート!

ロッドを始めて聴いた頃、彼はヒットチャートの常連だったしカッコもこのようにど派手で(この下は豹柄のスパッツ。関西のオバちゃんが愛用してる)腰をフリフリ”I‘m Sexy“なんていってまるっきりアイドルだった。オレも女の子と公園で当時流行ったロッドの曲を一緒に口ずさんだりして甘酸っぱい思い出が甦る、そんな存在だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エリック・クラプトンの涙

修学旅行の京都で おみやげ代を全額使って“461オーシャン・ブルーバード”を買って帰ったヤツもオレ以外いないだろうな エリック・クラプトン・・なんて心地よい響きなんだ 物心ついてから彼に憧れ続け、タバコの銘柄からそれをギターヘッドに刺す仕草まで真似た クラプトンと言えば女好きで有名だが …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

流れる涙を春の陽に・・

前回に引き続き若かりしバンド時代の話 中学時代は結構色んなバンドがあったな 親友の小澤がCの集会所(と言っても族の集会じゃない)でキャロルをやっていて オレはDの集会所で外道やディープ・パープルをシャウトしてた Bの集会所では文仁が田中さんのギターでチューリップを唄ってた そんな中でやっぱキャロルの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

賀正!新年は穏やかにこんな曲でね。

あけましておめでとうゴザイマス。 今年も元旦は年越しの挨拶回りを終えた足で実家に帰り、親と弟家族に会って午後からは暴睡して終わりました(写真はウチの近所からみた富士山) 午後から会社に行って まず五反田ユーポートでの某演歌系放送局のリハを見せてもらい、やたら歌の上手なトラ(代役でリハ曲を唄う人)がいて驚いた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

L.A.が教えてくれた

成田へ向かう時点から不吉な出来事が始まっていた・・ 仕事でギリギリになった出発なのに 最寄のトロイ駅員が前の客の切符を何回も間違えたりトドメには「お釣りがないや」とその場を去ったので(窓口は一つだけ) もうこの駅で買うのは諦めて急行の発着駅に向かったらこれがまた「外の窓口で買ってください」と言うので金を払って改札を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春になると聞くこんな曲・・

銀座NOW!は生放送でガサツな感じが好きな番組だったな 何気に大物も出てたりして  当時アマチュアだったユーミンは予選で落とされたそうだ 太田裕美はナベプロ同期のスクール・メイツから選ばれた キャンディーズというアイドルの3人組に漏れて ソロで音大出と言う利点を活かして …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”You Are So Beautiful”と馬鹿なオレ

世の中にはいろんなアホがいるけど オレほどの馬鹿には未だお目にかかったことがない 先週、東北廻りをしてその土産に”牛タン笹かまぼこ”を買って帰ったのだが 会社に持って行くのを毎日忘れ続け賞味期限を過ぎ 結局、自分で一日で一挙に食った 「同じミスを繰り返すな!」とはよく言うが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more