万人に受ける苦労人であり真の天才・・スティーヴィー・ワンダー



画像




  We all have ability.  The difference is how we use it.

  ーStevie Wonderー


  私たちすべてに素晴らしい能力がある。 違うのはいかにそれを使うか、だ。

  ースティービーワンダーー (田中ヨシジ訳)



この言葉は彼にしか言えない、または他の者が言っても説得力のないものとなるだろう。




未熟児の彼に、保育器内での過量酸素が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる。父もいなかった。幼少からドラム、ベース、ハーモニカ、ピアノを自在に操り11歳でモータウン・レーベルよりデヴュー。
人気も絶頂の1973年に同乗した自動車の事故で一時味覚、嗅覚をも失った。この体験より慈善活動、平和運動、アパルトヘイトへの抗議等(「Hotter Than July」のラストを飾る”Happy Birthday”は活動家キング牧師へ捧げた曲)活発に行動し始める。
その後も兄ラリーを亡くし愛妻シリータまでも亡くしたが、そんな失った家族への想いを、カトリーナで大切な人を失ってしまった被災者と共に分かり合いたいと思って「シェルター・イン・ザ・レイン」のギャラを被災者の人々に送りたいとチャリティーソングとしてリリース。

ようするに苦しみに出会えば出会うほど、彼は新たな力を発揮して行くのだ。

侍、山中鹿之助の言葉じゃないけど「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」ってやつだな。



ジェフ・ベックの「迷信」がスティーヴィーの曲で 作者本人の方が売れてしまったエピソードは有名だが、そのお詫びに「哀しみの恋人たち」(Cause We've Ended As Lovers)を書きおろしてあげた。ベックは今でも必ずこの曲をライヴで演る。



スティーヴィーの曲たちは 音楽を深く知れば知るほどその素晴らしさがわかる。



ただPOPな歌手と思ってる人もいるだろうが、彼の音はSOUL,、FUNKは勿論 REGGAEやJAZZ、FUSIONの要素も多く含んでいて(実際”Inner Visions”はグラミーのジャズ部門も受賞している)あらゆる音にまで広がり、考えられないコード進行とリズムやシンコぺ等、とてつもなくスケールのでかいものだ。



「視界の中に」「第一章の終り」「人生の鍵」「七月より熱く」等アルバムのタイトルも全てカッコいい!



ハープ奏者としても エルトン・ジョン、ユーズリーミックス、チャカ・カーン、スティング、マイケル・ジャクソン、ミニー・リパートン、プリンスetc..多くのセッションに参加してるけど、すぐ彼のものだとわかるくらい聞いただけでなぜか涙が出てくるトーンを持っているんだよ。。




歌声に関しては誰も何も言うことはないでしょう。

ひとつだけ 「Lately」を聞いて曲最後部の彼の声に長~く深いエコーがかかっているかと思っていたんだけど、番組に出てあの曲を歌った時も全く同じ場所にエコーが声にかかっていた!

そうです。エコー処理ではなく、スティーヴィーは自声でのエコーのかかりまで調節することができるのでした。





もう彼を言葉で絶賛するのはこの辺にして その素晴らしい曲をどうぞ



スティーヴィーの名曲をボサノバにアレンジして演りました






Definitive Collection
Pid
2009-06-23
Stevie Wonder

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Definitive Collection の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ライヴ・アット・ラスト [DVD]
ユニバーサルミュージック
2013-06-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ・アット・ラスト [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スティーヴィー・ワンダー ある天才の伝説
ブルースインターアクションズ
スティーヴ ロッダー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーヴィー・ワンダー ある天才の伝説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"万人に受ける苦労人であり真の天才・・スティーヴィー・ワンダー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント