情景が浮かんでくるよな曲がこの頃無いよね・・

画像


井上陽水が出した「氷の世界」を聞いたときはショックだった。

当時日本じゃ珍しいロンドンレコーディングで、アレンジャーには”悲しみのアンジー”(R.Stones)のニック・ハリソン、ベースはロキシー・ミュージック、ドラムスはルー・リード、エンジニアはエルトン・ジョンを手がけたツワモノ達により製作されたアルバムだ。

音の良さもモチロンなんだけど、歌詞の世界に引き込まれていく。

スティービー・ワンダーも来日した際にこのアルバムを買って帰ったそうだ。

この次の「二色の独楽」はロスでの録音。
ハービー・メイソン(Dr),デヴィッド・T・ウォーカー(G),レイ・パーカー・Jr(G),ジョー・サンプル(Key),ウィルトン・フェンダー(B)等、全員自分名義のソロアルバムを出してる超一流ミュージシャンがバックだ。

でも、オレが好きな”帰れない二人”は日本で録った曲で、細野さんのブリブリのベース、林立夫氏のドラマティックなタイコ、高中の泣きのギターらが、とてつもない映画のような音世界を展開してくれる。

この曲で使用されているムーグ・シンセサイザーの音色が最高に美しくて、まるで公園で戸惑う二人をやさしくぼんやりと映す街灯のようだ。

清志郎と競作になってるけど、詩は彼っぽくない?



 思ったよりも 夜露は冷たく

 二人の声も震えていました

 僕は君を・・と言いかけた時

 街の灯りが消えました

 もう星は帰ろうとしている

 帰れない二人を残して


 街は静かに眠りを続けて 

 口ぐせのような夢をみている

 むすんだ手とての温もりだけが

 とても確かに見えたのに

 もう、夢は急がされている

 帰れない二人を残して・・



あの頃の気持ちになって歌いました

ヤマハのギターも良く鳴ってくれてます・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック